© 2018  Hana Takagi All Rights Reserved.

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon

MUSICIAN

会田桃子

会田桃子(Violin)

 

横浜市生まれ。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。

在学中よりアストル・ピアソラやアルゼンチンタンゴに興味を持ち、バンドネオン奏者

小松亮太氏のタンゴバンド「小松亮太&ザ・タンギスツ」でタンゴの演奏を始める。

卒業後は小松氏のバンドで数年間ソロバイオリン奏者を務め、国内外のコンサートで活躍。

 

その後度々本場ブエノスアイレスを訪れ、現地のミュージシャンたちとのライブや、ブエノスアイレス市立タンゴオーケストラ学校への短期入学などで研鑽を積む。

 

2014年4月、ソロアルバムをリリース後、11月南米ツアー(サンチャゴ、サンペドロデアタカマ、ブエノスアイレス)3都市で大成功を収める。同7月、韓国ソウルアートセンターの大ホール(2000人規模)で自身のタンゴバンド「クアトロスエントス」単独コンサートを完売・満席にて好評を博す。

 

2017年5月、首相官邸にて催されたアルゼンチン大統領来日歓迎会晩餐会に、日亜文化交流に貢献・功績を認められ招待される。同年、女優・渡辺えり氏と共にタンゴのショーやライブの企画を始動。

 

現在、アルゼンチンタンゴプレーヤーとしての活動を軸に、ジャズ、ポップス、シャンソン、ラテンなどソロバイオリニストとして活動、即興演奏にも定評がある。

編曲家としても活動し、アーティストへの楽曲なども提供している。

鈴木崇朗.JPG

鈴木崇朗(Bandoneon)

 

札幌生まれ。2001年よりバンドネオンを小松亮太氏に師事。

2005年には小松亮太&オルケスタティピカのメンバーとして南米ツアーに参加し、

ペルー、パラグアイ、アルゼンチン、ブラジルで公演。好評を博す。
同年、単身アルゼンチンに留学し、バンドネオンをオスバルド・ モンテス氏に師事。
また同年小松真知子&タンゴクリスタルのメンバーとして
アルゼンチンサンルイス州で行われた国際タンゴフェスティバルに参加した。

 

2007、2008年にはアルゼンチンに留学し、バンドネオンをフリオ・パネ氏、ネストル・マルコーニ氏に師事。
 

2009年には2×4Tokioのメ ンバーとしてアルゼンチンバリローチェで行われた世界タンゴサミットに参加。
また、Bar Sur、Biblioteca Nacionalでのリサイタルに参加。

 

2010年にはオルケスタ・アウロラのメンバーとしてアルゼンチンブエノスアイレスでのレコーディング、ブエノスアイレスタンゴフェスティバルでの演奏、ウルグアイモンテビデオでの演奏に参加。好評を博す。
 

現在、小松亮太&オルケスタティピカ、、オルケスタ・アウロラ、小松真知子&タンゴクリスタル等で活動中。  photo©志立育

三枝伸太郎(Piano)

 

神奈川県出身。東京音楽大学大学院音楽科作曲専攻修了。

2011年喜多直毅クアルテットにピアニストとして参加、ピアノの内部奏法を含む美しくも時として激しい独特な奏法に高い評価を得る。

 

また作曲家として映画音楽、演劇のための音楽を多数手がけており、

 

2015年宝塚歌劇団OGによるコンサート&CDアルバム企画「Reijin」ではピアノ、アレンジ、音楽監督として活躍。映画音楽の仕事として、「忘れないと誓ったぼくがいた」「空の境界」「センチメンタルヤスコ」など。

 

2014年自身のオリジナル曲を主に演奏する三枝伸太郎Orquesta de la Esperanzaを結成、モダンタンゴからジャズ、現代音楽の要素を含むオリジナリティある作品を発表し続けている。